スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←花より男子~Boys Over Flowers~キャスト紹介 →♪番外編『素直になる代償に・・』(前編)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



【花より男子~Boys Over Flowers~キャスト紹介】へ  【♪番外編『素直になる代償に・・』(前編)】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

花より男子~Boys Over Flowers~

♪第3話。不思議な感覚・・

 ←花より男子~Boys Over Flowers~キャスト紹介 →♪番外編『素直になる代償に・・』(前編)
「花より男子~Boys Over Flowers~」



2人で歩む道だから・・☆第3話。不思議な感覚・・









柔らかい木漏れ日が、大きな窓から漏れる
   その部屋の真ん中に、

大きなベッドがあり・・

室長にその部屋の中心まで導かれるように・・
   入ったジャンディ・・

「・・・君か・・」

笑顔で・・
   大きなベッドの真ん中で手を広げたその人は・・



・・・?
木漏れ日に溢れるその部屋で、
    ベッドの上の人物を目を細めて見たジャンディ・・

・・・途端に、
  ジャンディの顔が変わった・・

「あ!!!
   あなたは・・!!!
    
    もしかして・・・?」
チョン室長へと目を見開き・・
   伺うように、大きな目を瞬かせながら、
小首を傾げ・・・
     嬉しそうに笑った顔を向けたジャンディに・・

・・にこ・・
室長が・・   
   笑って頷く・・


!!!!
両手で口を押さえると・・

   ゆっくりと近寄って行ったジャンディ

その、
  両手を広げた男性が・・
     そんなジャンディを優しく・・抱き締めた・・

ふわりと・・
   ジャンディの背中に回った腕は・・

やや硬くて・・

病気で寝たきりだというのに、
   どこか、懐かしい、いい香りのするこの男性・・


とんとん・・
  優しく背に回された腕がゆるむと

その男性の肩から・・
   そっと頭を離したジャンディ・・・

その男性の顔を見つめるように

  男性の前に顔をのぞかせると・・

男性の、やや痩せてしまって硬い背中に手をまわしながら

   屈託のない顔で、笑った。

「初めまして・・になるのかしら・・?
        うふふふふ♪」
目を細めて笑ったジャンディに、
  
嬉しそうに、笑った男性・・
ジャンディの・・
   初めて会うというのに、躊躇いなく・・
     疑いなく・・柔らかく笑う顔に・・

「そうか・・。
    君か・・。

ずっと・・
   どんな子だか会ってみたかった。

目を覚まして初めに・・
   うまく・・考えが定まらなかったとき・・

柔らかい声が聞こえた気がした・・。

それで、眠っていた頃、君が来てくれていたという話を聞いたんだ。」

そう、
 ジャンディの顔を見ながら、ゆっくり笑ったその人・・

の顔が・・
  どこか誰かとダブり・・

ジャンディが、
    にこりと笑ったままの顔で見ると・・

「えへへ。おじ様は覚えてらっしゃるか、わかりませんが・・

私たち・・お友達になっていたんですよ♪
   私が来てみて・・期待通りでしたか?
          うふふふ(笑)」
そう言って、
   手を離して少し起き上がると、

自身の胸元にある、肩に下げた斜めかけバッグの紐をきゅっと握りながら、
改めて、
   ベッドの横にきちんと立ってみた。   

「あぁ。
   期待通りだ。

いや、
  それ以上に可愛らしくて・・驚いた。」

そう、優しく笑うその人に・・・
   照れくさそうに笑うと、

「今更になりますが・・・

クム・ジャンディといいます。
今はシンファ大学の医学部の3回生をしております。」
笑ったまま、
   ぺこりとお辞儀をした。

うふふふふ。
また、楽しそうに口許を押さえて笑うジャンディ・・

頷きながら、
   嬉しそうに、そんなジャンディを見ていたその人が・・

不思議そうな顔をするので・・

「私も・・・
  いつも、寝ているおじ様に語りかけながら・・・

目が覚めると・・どんな方なんだろうって・・
    毎回・・想像してました。うふふ。」
そんなジャンディに・・・

「それで・・?」
柔らかい笑顔のまま、
    訪ねると・・・

「ですが・・・
     想像していたよりもずっと若いんですもの。

うふふふふ。
   ごめんなさい。それで笑ってしまいました。」(初対面なのに(笑))
きゅっと唇を噛みしめると・・
   にこっと笑うジャンディを・・

その人が・・・
   目を細めて見・・

その後ろから・・
   室長もふっと・・
       表情を緩めて、そんなジャンディを見た・・。


~~
アイスクリームや、
    可愛いお洋服・・
           化粧品のお店の並ぶ街先を・・

すたすた♪
  リズムよく、上機嫌に一人、歩く、ジャンディ・・

~~
    「あなたに・・またお願いしたいことがあるのです・・」
  そう言った室長にされたお願いは・・・

    「え??
      またここに・・・?」
  ジャンディが、きょとんと、
     室長を見つめ返した。

    「はい。」
   いつものきりっとした笑いを浮かべ、応える室長。

お屋敷(・・別荘ね・・)の玄関口に立ったジャンディが、
       その人の部屋の扉の方を見つめると・・

    「・・・よかったですね。」
    嬉しそうに笑ったジャンディ・・

   ・・?
    
   にこりと笑いながら・・尋ねるように小首を傾げたチョン室長・・
     
    「・・おじ様が・・
          お元気になられて・・。
       あなたにとって、兄のような方・・なんですよね・・?」
    そう言ったあと・・

    「あの時はごめんなさい・・。
         あの方には・・ぬくもりが必要だっておっしゃっていたのに・・。」
    
   そう言いつつ・・
       きゅっと口を結ぶと、下を向いたジャンディ・・。
    
    「いえ・・とんでもないです・・。
       あの方が・・目覚められたのは・・あなたのおかげだと・・」

    そう言った室長に・・
      ぱっと顔を向けたジャンディ・・。

    「報酬は、お支払いいたします。
       前回も、お渡しすることができなかったので・・」

   そう言った室長に・・

    「そ・・そんな!!!報酬だなんて、言わないでください!!!
     もう、お友達なんですから!!!」
    両手をぶんぶんと振りながら、
          きっと睨むように目を鋭くしたジャンディ。

     「また・・ジュンピョと会長に知られないよう、
         こっそりと来ればいいんですよね?」
    にこりと笑うと・・
 
    「はい。
       さすがクム・ジャンディ様・・。
     そうして頂けると、ありがたいです。」

    絶対に・・・
       口を割らなそうなその様子に・・
    目を、少し細めつつ・・
    室長が、
      笑ったまま、答えた。

      「引き受けて・・
         いただけますよね・・?」
     そう・・聞いた室長に

      「もちろん♪」
     笑って答えたジャンディ。

     「えへへ。ずっと心残りだったから・・。

        あのときは・・どうしても・・
           離れるしかないと思ってたんだけど・・。

     読むつもりだった本も、
          話したいことだって、たくさん残っていたのに・・。
      ずっと・・
          どうなったのか・・
        謝りたかったんです・・。」
       少し、さびしそうに笑顔を曇らせたジャンディが

     「まさかこうして、お元気になられたおじ様に会えるなんて・・」
        扉の方を見ながらそう言うのを・・

      室長が、優しい目で、見つめた・・。

      「とっても、嬉しいです!!
          やります。なんでも♪」
     きゅっと、斜めがけバックを握りしめると・・
       そう笑ったジャンディ・・

    
       にこりと笑った室長が・・
       「よろしくお願いします。」
      そう・・言った後・・

       「ジュンピョ坊ちゃんの選ばれた方があなたで・・
             本当によかった。」

    そう言って・・笑った。

       「え~?
         うふふふふ。」
     嬉しそうに・・照れながら笑ったジャンディが・・
    「何の特技もなく・・
        自慢できる家も、自慢できることもない私ですが・・

       ただ、アイツが頑張っている間は、
         私もやれることを、手を抜かずがんばろうって。

      そう、約束しましたから♪
     あいつに・・。」
   
      目を細めて・・そう言う姿を・・・
          チョン室長が・・目を細めて見ていた・・。

~~
~♪
  鼻歌を歌いながら、街に並ぶ店屋を、
     外から覗き見るジャンディ・・

    その様子を・・ゆっくりと・・
       追い掛けるように・・つける・・赤い車・・

ガラス窓に飾られた、
    きれいなワンピースを目にしたとき・・・


ジャンディが・・
    立ち止まって・・そのワンピースを見た・・。


肩先にフリルがついていて・・
    柔らかい、細かい花柄の、そのワンピース・・。

もう、店先に並ぶ服はすべて春物に代わり・・
   華やかな色に包まれていた・・。
      
    そんな後ろ姿を待つように・・
        道路脇に・・止まった車・・・・(まさか?♪)

「・・・」
口をきゅっと笑ったように上に上げると・・

  また・・先へと歩こうとした・・その時・・・

「Hey!You!!」
ジャンディのすぐ横・・
     道路のところから・・

   誰かに向けられているような・・声が聞こえた・・

・・・その声に・・
   目を細め・・首をかしげると・・・

きゃあ♪♪
   周りに歩いていた女の子たちが・・

一斉に・・
  ちょうど、ジャンディの後ろ辺りに・・・

駆け寄った・・。

???
ぱちぱち・・
   そんな様子を不思議そうに上着のポケットに手を突っ込みながら・・
       目で追うジャンディ・・・


の、目の先に・・・

 車から出てきた・・

     最強に目立つ・・2人が待っていた・・。

「!!!
   ジフ先輩に・・
      ウビン先輩!!!!」

ジャンディが・・
   驚いたように・・目を見開いた・・。

 *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

ジャンディ・・!!!
   ついにジュンピョ父とお話しましたぁ~~♪♪

夢に見てたんです♪
   ジュンピョ父はどんな風にジャンディを見るんだろうって・・

いろんな妄想があったと思いますが・・
   イメージを崩しませんように(苦笑)あはは☆

楽しんでいただけたら、嬉しいです♪
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
よろしくお願いします♪




                        
スポンサーサイト



【花より男子~Boys Over Flowers~キャスト紹介】へ  【♪番外編『素直になる代償に・・』(前編)】へ

~ Comment ~

No title 

Hey You!!
最高にウビン先輩が言いそうで(>ω<)ノシ
うちのウビン先輩は
どうやったらいいか悩んでてww
よぉ!とかになってますwww

さて、チョン室長は
最高なアシストをしてくれそうで
あたし、なんだかニヤニヤしております(ノ∀`*)
どう絡んでいくんだか楽しみ!
そして、ジフ先輩出てきたからドキドキ♪

うちのジュンピョは切ない感じなので
こちらのジュンピョに時々逃避させてください!
うちはいま・・・
なんだかすごい展開になっちゃったのでw
こちらでほっこりできてよかったー(>ω<)ノシ
またきまーす\(^ω^\)(/^ω^)/

 

ジュンピョパパは優しいイメージだったので、私の想像通りのお方でした♪♪

強烈なジュンピョママを見守る優しい旦那様というイメージだったんです(*∩ω∩*)

別荘でのシーンは小鳥のさえずりが聞こえてきそうな優しい雰囲気で読んでて癒されました☆★


ジャンディが街中で見ていたワンピースのとことか、本当に可愛らしいです!!

口ではキツいことも言うけれど、ジャンディは可愛い女の子なんですよね(/ω`*)/

続き楽しみにしてます!!!

こんにちは 

ちらのお部屋ははじめまして(*^▽^*)

ワクワクのお話の予感♪
続きが楽しみです

こんにちはー^^ 

こんにちは^^いつものあさんの「美男ですね」の拝見させていただいでいます!
こちらで「花より男子」の小説が始まるということで、来てみました^^
「花より男子」が私が二次小説にハマるきっかけとなったドラマ(漫画)なので、
運命を感じておりますw←
韓国版の小説は今まであまりなかったので、のあさんの小説を本当に楽しく読ませていただいてます!
のあさんの才能がうらやましいです;;
これからのお話も楽しみにしています!では、、、

>くまぐまさん 

Hey You!!
気に入っていただけてよかったです(笑)

どうやったらいいか悩みますよね(笑)
よぉ!
  言います言います(笑)

ジフ先輩出てきますよ!!!

え~~~~ん(泣)
くまぐまさんちはジュンピョが切ないですもんね・・・
うちは間違いなくずっと・・ジフが切ないですが・・(涙)

ジュンピョに時々逃避してもらってくださいね!!


のあも・・
  またお邪魔します~~♪

>ノリコさん 

想像通りだなんて、嬉しいです♪♪

強烈なジュンピョママを見守る優しい旦那様というイメージ・・
うふふふふ♪どうなんでしょう!うふふ♪


別荘でのシーンも、
  想像していただけたようで、嬉しいです♪


そうなんですよね!!!
口ではキツいことも言うけれど、ジャンディは可愛い女の子・・だと勝手に思ってます。

だれよりまっすぐで、しっかり者だけど、放っておけなくて・・

続きも、楽しんでいただけるよう頑張ります!!!

>chimiさん 

こんばんは♪
えへへ。なかなか更新できず、ごめんなさい。

ですが、わくわくの予感・・
  期待通り、楽しんでいただけたら嬉しく思います♪

頑張りますので、
 楽しんでいただけたら嬉しいです♪

>kanakoさん 

こんにちは♪
いつもあちらのブログにお越しくださり、ありがとうございます♪

「花より男子」が二次小説にハマるきっかけとなったドラマ(漫画)なんですね!!

運命なんて・・嬉しいです!!!きゃ♪

のあの小説も、楽しく読んでいただけたら嬉しいです♪

私の才能ですか!!???いやいや(笑)
ただの病的な妄想ですよ(笑)あはは。

でも、嬉しいです♪
ありがとうございます♪

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【花より男子~Boys Over Flowers~キャスト紹介】へ
  • 【♪番外編『素直になる代償に・・』(前編)】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。