スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←はじめまして♪♪ →♪第2話。縁・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



【はじめまして♪♪】へ  【♪第2話。縁・・】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

花より男子~Boys Over Flowers~

♪第1話。決意・・

 ←はじめまして♪♪ →♪第2話。縁・・
「花より男子~Boys Over Flowers~」



2人で歩む道だから・・☆第1話。決意・・






・・・会いたくて・・
     会いたくて・・・

どんなに、あの時一緒に行かなかったことを悔やみかけたか分からない・・

それでも・・
   決めたから・・


私が自分で・・
    決めたから・・・


あいつがアメリカで頑張ってる間は
     私も自分の決めた道を頑張るって・・・

いつか・・
   あいつの傍でいても、
       自信をもって、立てるように・・・


~~
ケーブルカーの中・・

  2人で夜明かししたように、並んだク・ジュンピョとクム・ジャンディ・・

「俺たち・・・結婚しよう。」
ジャンディへと、
   言ったジュンピョに・・

「・・・!?結婚??」
目を見開いて、
   叫んだジャンディ・・

「そう・・。
    ・・・結婚。」

至極、当たり前のことだとばかりに言うジュンピョが
     信じられなくて・・

「・・突然そんな冗談言っちゃって・・・」
ごまかすように言ったジャンディ・・

・・に・・・

「冗談じゃない。」

真剣な・・
   ジュンピョの答え・・


「あたし・・高校卒業したばかりだけど・・・。」
ク・ジュンピョの答えが・・
   あまりに突然だったから・・

その意図が飲み込めず、
         そう答えると・・


「俺・・アメリカに行かなきゃなんねんだ・・」

ジュンピョの口から・・
  また・・
    想像もしていなかった言葉が出てきた・・

「アメリカ・・?」

呟くように聞いたジャンディに

「今度は母親のためでもないし、会社のためでもない。
俺が決めたことだ・・。」
 ジュンピョが言った・・・。


何も言えなかった・・
   あいつが・・本気だと・・・

     すぐに分かったから・・。

思わず立ち上がって、
      背を向けたジャンディに・・

「元気な父親を殺したり、子どもを無理やり結婚させたり・・

   そこまでして生き残らなきゃいけない・・そんな企業はイヤだ。

俺・・最善を尽くしてみる。

それで企業が生き残れれば良し・・
    ・・・そうでなければ・・・俺が自分の手で終わらせてやる。」

ジュンピョが・・
    続けた・・。


あまりにも急で・・
   めまいがしそうだった・・。

ようやくジュンピョの記憶が戻って・・
     これからだと・・思ってたのに・・・。


さっきまでの・・
   胸がはずむ気分が急に・・遠ざかり・・

見えない霧で、
   胸が包まれたように、ざわついた・・

ジャンディが・・
    唇をきゅっと・・かみしめ・・聞いた。

「いつまで・・・?」

声が・・
  震えてしまいそうだった・・。

「4年。
・・・短くて4年だ。」

ジュンピョの言葉に・・

「そんなに長く…?」
思わず・・出てしまった・・本音・・

すく・・
  立ち上がり、ジャンディの横にジュンピョが立ち上がり・・

「だから・・・一緒に行ってほしい。」
真剣に・・
  そう告げた・・

・・・
胸が・・
  押しつぶされそうに痛かった・・。

離れたくなくて・・
   傍にいてほしくて・・・

でも・・

 横に・・いることができず・・
       そばを離れると・・座ったジャンディ・・

心を・・
   乱さないよう・・自身で鎮めると・・

「・・・ダメよ。」
喉から・・
  やっとのことで・・その言葉を出した・・


「・・何?なんでダメなんだ!?」

予想通りの・・
   ジュンピョの言葉・・

胸に詰まる息を
   静かに押さえながら・・

なるべく落ち着いて、話した・・。

「あんたがマカオに行ったとき・・
        あたしも決心したことがあるの。

あたしの夢、あたしの未来についてね。

あたしが何を望んでるのか・・
        何をやりたいのか・・・って。

あんたみたいに・・
      全てを賭けて最善を尽くしたいこと・・・。

・・・あたしはココに残る。」
ゆっくりと・・
  そう話すと・・

「・・・それで?」
ジュンピョの声が返ってきた・・

「行って来なよ。」
そう言えたあたしに・・
   もう迷いはなくなっていた・・

「何?」
ジュンピョの声に、
     答える。

「行って来なって!

4年後にあんたがホントにかっこいい男になって帰ってきたら、
       そのときまた考えてみるよ!」

胸を張って、
    そう言えた。

「・・クム・ジャンディ・・・本気か?

  お前・・・俺のこと放っておいたら
              後悔することになるぞ・・」
ジュンピョの声は・・
   不思議なほど冷静で・・

「ちょっと!
    あんたがあたしを放っておいたら後悔すると思うけど?」

すでに・・
  ジュンピョに想いが通じたと・・分かった・・

「負けたな(笑)」
そう、笑ったジュンピョが・・

「俺には分かってるからな。

      お前を手放したら死ぬまで後悔するって。」

そう言って・・
   誰よりも・・整った顔で笑うから・・・

「ク・ジュンピョ・・・あんた・・・
         まるっきりバカってわけでもなかったみたいね。」

そう言って、
   笑ってやった。

「死にたいか?!」
からかうように言うジュンピョ・・

「うふふ♪」
こんな、冗談のような会話がくすぐったくて・・
   心地よくて・・・

      大好きだと思った・・。


そのとき・・突然ケーブルカーが動きだして・・・。

静かに滑り出し・・
     空に浮かんだ・・・・。


足元が浮いたような感覚は・・

   きっと、ケーブルカーのせいなんだ・・・

そう思いながら・・・

    この世で、会った中でも一番偉そうで・・
        俺様で・・・

       自己中で・・
         自意識過剰で・・・


 誰よりも・・
    誰よりも・・

       大好きな・・・

   あいつの笑顔に・・・・
          口づけた・・・。

      どちらともなく・・
          それはごく・・自然に・・・


離れたくなんて・・ない・・
  だけど・・今の私じゃダメなんだ・・

やりたいことがある・・。

   それをこいつが頑張る間、全力でやってみるから・・。

私も・・頑張る。

絶対に・・
   こいつにも・・
     こいつの・・母親にも・・
              認められる女になってやる・・

私にできることは・・
   私に・・すべきことは・・
           これしかないと・・思うから・・

ク・ジュンピョ・・
   待ってるから・・

・・・ちゅ・・
  口づけた後・・
    照れくさそうに笑った2人・・・

~~
「・・るから・・
    頑張んないと・・・!!!!」
そう・・
  机につっぷして、目を閉じたまま叫んだジャンディ・・

「・・ディ・・
    クム・ジャンディ!!!」
耳元で・・
   叫ばれて・・・

「ひゃ!!!」
飛び上がるように、
   背筋を伸ばして起き上った・・

くすくすくす・・
   目を見開いたジャンディが、
     前を見ると・・

白衣を着たユン・ジフが・・
   分厚いテキストを持って、机に座っていた・・

「・・あ・・・」
真っ赤な顔で・・
   目をそらすように、俯いたジャンディ・・

「昨日も徹夜したんだろ?」
ジフが・・
   暖かい紅茶をジャンディの目の前に出してきた・・

「・・・」
見上げるように・・
   くりっとした目を、ジフに向けたジャンディ・・

そこは、ジフの診療所・・
   1年前・・ジフの祖父が亡くなり、
 ジャンディはここで、勉強をするようになっていた・・。

・・あの・・
   プロポーズからもうすぐ4年・・

「ありがとうございます・・
      いつも・・すみません・・」
えへへと笑って
   その紅茶を飲むジャンディは・・

髪が伸び・・
  変わっていない笑顔の中・・・・

時として、どきっとさせられるくらい、
   大人っぽさも出てきていた・・
 
「徹夜は要領がいいとは言えないよ?」
ジフが、
   自分も熱い紅茶を飲みながら言うと・・

「えへへ・・
   でも私・・
  ジフ先輩のようにうまく飲み込めなくて・・・」
顔をきゅっと・・
  歪めるようにそう言うと・・

「おいし♪」
熱い紅茶を飲みほした。


そんなジャンディへと、
   優しい目を向けるジフ・・

本当は・・  
   気付いていた・・

どうしてそこまで頑張るのか・・・
   4年経つ今・・もうすぐ帰ると約束した・・
     誰かを・・待っているということを・・・

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

ついに・・
  始まってしまいました~~~♪♪( ´艸`)

結局・・
  韓国ドラマ版、花男にいたしました☆

ちょこっとでもたのしんでいただけた方♪
応援ぽちっと♪
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村



よろしくお願いしますコメント、お待ちしてま~~す♪







スポンサーサイト



【はじめまして♪♪】へ  【♪第2話。縁・・】へ
  • Tag List 
  •  * |

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>パールさん 

こんばんは♪さっそく、ありがとうございます♪嬉しいです!

韓国ドラマ版、喜んでいただけて、嬉しいです!
のあも、大好きなシーンなんです!ケーブルカーのシーン・・。

最終回はのあも何回も繰り返しみましたよ~~♪
情景がひろがるなんて、最高の褒め言葉です!ありがとうございます!

ジフのおじいさん・・悩んだんですが・・のあの中では、
 あの写真の場面で、そう解釈させていただきました・・

・・て、生きていてもよかったんですが・・(苦笑)すみません。

・・・ジフは4年の間ずっとジャンディのこと見守っていたんでしょうね。

楽しみにしていただけたら、嬉しいです!おやすみなさい。

 

のあさん★アメブロよりきました♪
私はこちらにブログを開設してないので、きちんとコメントができてるといいのですが…(-ω-;)
花男待ってましたっ!!!
ドラマも何回も見てる大好きな作品の1つです♪
ジュンピョのまっすぐな愛とジフ先輩の優しく見守る愛にメロメロです(/ω`*)/
これからも楽しみにしてます!!!

>ノリコさん 

コメント、きちんと読ませていただきました♪

いつもありがとうございます♪
花男・・待ってていただけてたなんて、感激です(笑)

のあも大好きな作品の1つなので♪
そうなんですよね!!
ジュンピョのぶっきらぼうだけどまっすぐな愛と
ジフ先輩の優しく見守る愛・・ん?なんかとかぶる・・(笑)
メロメロイメージを壊さないよう、頑張ります~~(/ω`*)/
楽しんでいただけたら嬉しいです♪

韓国版・花男! 

こんばんは!いつも『美男』で楽しませていただいてますが、こちらは韓花男!すごく楽しみです~。
花男は私が韓国にハマるきっかけとなった思い出の作品で、イ・ミノくんの素敵さに人生の新たな扉を開く事になって、今に至ります。
最終回…、あの海のあとがずっと気になってました。
美男同様、シーズン2を作って欲しいと!!

…今後の展開、楽しみにしてます!ふぁいてぃん!

>フゥさん 

イ・ミンホくん、のあも大好きになりました♪

人生の新たな扉を開くきっかけ(笑)わかります!!!

最終回…、あの海のあと・・気になりますよね!!!
のあの妄想劇ですが・・そこまでいくのにあとしばらく、お待ちくださいね♪

のあもシーズン2、してほしいです!!!

はじまりましたね!! 

いつもイケメンの方を拝見しておりました!!
そして
韓国版の花男が始まると知って
うはーーーーと思いましたーー待ってました(ノ∀`*)
実は、私もアメブロで書き始めたのですが
以外に韓国版を書いている方がいらっしゃらなくて
ちょっとアウェーだったんですけどwww
誰でもないのあさんが書くということで
嬉しさ倍増でした!!
こちらはジュンピョ&ジャンディメインでしょうか?
楽しみに読ませていただきます♪

お久しぶりです。 

相変わらず、バタバタしてまして久しぶりにアメブロを覗いて飛んで見にきました。saruはジフ先輩が大好き   です。楽しみにしておりますので、宜しくお願いします 

はじめまして♪ 

はじめまして。
同じ『美男』の二次小説を書いているKanameと申します。

突然のコメント、失礼します。
私が二次小説なんてものを書くようになったきっかけは
のあさんやなつあおいさん、それにななぼしさんの書くお話でした。
とても素敵なキラキラしたお話ばかりで、ついふらふら~と私も
そっち側の禁断の世界に足を踏み入れてしまったのです。
あまりにも魅力的すぎて、避けて通れませんでした。
今は訳あって他の方のお話は読めない状況なのですが…。
いつか私が自分のお話の更新を止める時がきたら
みなさんの素敵なお話をまた読ませて頂きたいと思っていました。

そうしたらなんと、『韓花男』の二次小説!
これならなんの躊躇もなく読めるではありませんかぁ♪
ふふふ、またのあさんの素敵なキュン2ワールドを楽しめるなんて。
ドキドキしながらのあさんのテギョン&ミニョを読んだ
あの頃の興奮が戻ってきて…もぅ泣いちゃいそうです!

すみません、
勝手に感極まって支離滅裂なコメントになってしまいました。
とても嬉しくて、
そして更新を心待ちにしています。
でも、両方だときっとすごく大変ですよね、
お身体に気をつけて頑張って下さい。
本当に突然失礼いたしました。
またお邪魔させて頂きます。
Kaname

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>くまぐまさん 

いつも読んでいただいていたんですね♪
ありがとうございます♪
はじまってしまいました!!うふふ★

韓国版の花男、喜んでいただけてよかったです♪
うはーーーーなんて、のあもうはーーーーです(ノ∀`*)あは☆

くまぐまさんもアメブロで書き始められていらっしゃったんですね!

しかも韓国版ですか!!ぜひ教えていただきたいです♪

嬉しさ倍増だなんて・・嬉しいです。ありがとうございます♪

ジュンピョ&ジャンディメインでいかせていただくつもりです♪

もちろん、韓国版なので、ソ・イジョンとカウルも
加わってくるとは思います♪

楽しんでいただけたら嬉しいです♪♪
ありがとうございました♪

>saruさん 

お疲れ様です♪

saruさんはジフ先輩が大好きですかぁ(笑)のあも好き・・好きですし、
本当に途中はジフに行けば~~!!とも思っておりましたが・・やっぱりジュンピョ!!!
・・・です~・・

大丈夫でしょうか??

楽しみにしていただけたら嬉しいです♪こちらこそ、宜しくお願いします♪

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>kanameさん 

はじめまして♪
『美男』の二次小説を書いてらっしゃるんですね!!
Kanameさん、こんにちは♪
時間的な関係もあり、最近は全く他の方の作品を読めず、すみません・・

ぜひ教えていただけたらお邪魔させていただきますね♪
ありがとうございます!

突然のコメントだなんて!嬉しいです♪

禁断の世界(笑)あはは(笑)ようこそですね♪
のあもその気持ち、すごくよくわかります♪
のあにとって、なつあおいさんがそうでした♪

そんな風に言っていただけてうれしいです♪
他の方のお話が読めない状況…それも、
同じかどうかはわかりませんが、わかりますよ。


キュン2ワールド、できればいいなと思っています♪
楽しんでいただけたら嬉しいです♪

…もぅ泣いちゃいそうだなんて・・のあがどきどき感激です!!

とてもうれしかったです♪

>ベルチコさん 

こんばんは♪
こちらこそ、花男のお話、読んでいただけて、
ありがとうございます。
韓国版・・1度しか見ていないにも関わらず、鮮明にドラマのシーンが浮かんでいただけたなんて、
これ以上嬉しいことはないです♪

ジュンピョはパク・キュともテギョンとも違った、素直な表情をもったツンデレクンなんで、
それも楽しんでいただけたら嬉しいです♪

>うめちゃんさん 

こんばんは♪
こちらでも「きゅんきゅん」していただけたら嬉しいです♪(笑)
そのつもりです(笑)あはは☆頑張ります♪

韓国版「花男」大好きですか♪
よかったです♪
ドキドキ嬉しいです♪
楽しんでいただけたら嬉しいです♪

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>めぐみさん 

こんにちは♪
見つけていただき、ありがとうございます♪

韓国版の二次小説、まだ読んだことがないのですが、
少ないんですね・・☆

ですが・・ごめんなさい・・!!!
ジフが好きとのこと・・のあも、ジフが大好きなんですが・・

のあの小箱、すべて、のあの頭の中の妄想劇を文に落としているんです。。

なので・・のあが妄想できることしか書けません・・
のあは基本ジャンディとジュンピョが大好きなので、
いくらジフが大好きでも、ジフとくっつく妄想はできないんです~~~~(泣)

更新、楽しみにしていただいているのにごめんなさい。
それでもよかったら、どうぞ楽しんでいただけたら嬉しいです♪

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>ラム肉さま 

こんにちは。ありがとうございます☆大切に・・とはとても嬉しいです。
お話を楽しんでいただけると嬉しいです♪

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【はじめまして♪♪】へ
  • 【♪第2話。縁・・】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。